富士ゼロックス製トナー購入時のアドバイス

プリンターや複合機には多くのの機種でトナー現像方式が使用されています。メリットはインクジェット現像方式に比べ、圧倒的に印刷速度が速い事になります。


モノクロ印刷になりますと1分間で50枚を越える印刷もできます。

富士ゼロックスのプリンターや複写機は契約形態によりトナーを有償購入する契約と、トナーが少なくなればいくらでも使用できるかわりに1印刷につき数円から数十円を支払うカウント契約(人間でいう保険契約)になります。



コピーや複合機ではカウント契約がほとんどになりますが、プリンターなどでは有償購入契約が多くなります。購入は富士ゼロックスメーカー直の販売価格では小型プリンターでも数千円、中型機種以上になりますと、1万円から2万円以上になります。

産経ニュースに関する情報の一覧です。

ネット等では非常に安い価格で非純正品が販売されていますが、成分が全く異なりますので色味が違ったり、定着不良などのトラブルが懸念される旨を考慮する必要があります。

また、フルカラープリンターなどになりますと黒だけでなく4色のトナーが必要になります。
トナーを多く消費するベタ物印刷が多いチラシやPOPなどを印刷される場合には、標準仕様の半分の枚数も印刷もできない事があります。純正品は富士ゼロックスの通販サイトEQIXからの購入ですと非常に割引ができ、30パーセント以上割引となるケースもありますので、純正品をお考えでしたら1度販売店へ確認されてみられる事をおすすめします。

新規でプリンター等購入の場合は、購入後のコスト等についても検討しておく事が重要です。